小林つん太のギター&音楽談義

アクセスカウンタ

zoom RSS エフェクターレポ『歪み』#02/Lovepedal Eternity/音up

<<   作成日時 : 2012/01/27 15:42   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 5

エフェクターレポ『歪み』第2弾は『Lovepedal/Eternityエタニティ』。
前回の優等生的『Fulltone OCD』と違い、キャラもんの優秀Over Drive。
いちユーザーでしかない私の趣味に偏ってますが、参考音源付きです!

くれぐれも┌|∵|┘ たまたま私が好きで使ってる「一例にすぎない」音です。
同じ機材でも、Playerによって音は全くの別モノになります!
この機材の主たる傾向を示してるワケじゃないので
『へぇ〜、こんな音出るんだ〜』くらいのご参考までに。
よしなにネ m(_ _)m

初めての方は「エフェクターレポ/はじめに&録音条件」を読んで、
記述の主旨をご理解下さいネ。

今回もちょいと長いです。
現役機材ってコトはそれなりの想いがありますんで(^ ^ゞ
でも、OCDとエタニティと次回が異常に長いだけで、その他はウソみたいにあっさりしてます。当たり前です。実際に入手に至ったモノなんてごく僅かで、ほとんどは「自分の需要に合わない」と判断したってコトですからね。
多くを語れるワケがない(^_^;) では、どうぞ〜↓



「ほんの一瞬試奏しただけ」っていう程度まで含めて考えると、何十年かの間に音を出したことのある「歪み」ペダルは最低でも100はあるでしょう。「多数」という意味の「ひゃく」じゃなくて、たぶん余裕でリアル100以上だと思います。
いや、歳くってるだけなんですが(^_^;)

さてこのEternity。そんな私の歴史の中で、

「一瞬」で「買おう」と思わせた
数少ないエフェクター(^o^)/

であります。もう、最初の5秒で『感動』しましたから(笑)
でもね、その場では買わなかったんですけどね… #ノ-_-)ノ
まあ、その時の成り行きを云いますと、

 まず、コレがどこの何なのか、知らずに何となく試奏した
 音出た瞬間、ぶったまげた!!
 欲しいというか、誰にも渡したくないとさえ思った
 しばし、むさぼるように弾いた
 いろんな設定で弾きながら冷静にいろいろ考えた
 Lovepedal? Eternity? なんじゃソレ??
 メーカーも相場も、あまりに何も知らなさすぎる(高いし…¥)
 お勉強して出直してくることにした
という流れでした。

んで、お家に帰って数日はネットとか駆使して調べまくりましたよ。
Lovepedal。
他の商品もなかなかユニークで惹かれるメーカーです。Eternityだけじゃなく、私のツボを突きまくってそうなニオイがプンプンしました。そして後日。収集した情報と頭の中を整理をし、必要な現金もって試奏に出かけました。
2005年くらいだったかな…まだ「知る人ぞ知る」的な存在でNetでも今ほど有名じゃなかったし、店頭に現物をおいてある店は限られてて、池袋・渋谷界隈をまわってみました。外装の違うVerもチラホラ出た頃で、Looksも選びたかったんで数を見て回りたかった。
もう、買う気満々っす┌|∵|┘

ところが、初めの店にて試奏。

「えっ? なんか音の印象が違うんだけど…」

Ampは、なるべくどこにでもありそうな、当たり障りの無い、Fender Blues Jr.とかTwin Rev、Hot Rodあたりを選んでおります。ご近所のお店に移動して、外装の違うものを試奏。

「えっ? さっきのとは絶対違うし、前のとも違う気がする」

「アレが特殊にヨカッタのか??」(前のはもう無かった)

そんなこんなで疑念は晴れず、その日は電車で都内を移動しつついろんな店を徘徊。見つけたらなるべく条件を同じにしてスグ試奏。結果としては、やはり「歪みの深さ」と「ヌケ」の部分で個体差を感じずにはいられませんでした。

「そんなん、ギターもAmpもRoom環境も違うんだから当たり前ぢゃ!」
というツッコミもあるでしょう。そんなコトは百も承知での違和感でした。
その日はモンモンとしつつ買わずに帰宅。

釈然としないまま、数日後。
先日の「私の執拗な試奏」に親身になってつきあってくれた渋谷のイ●ベさんから「別のverが入荷しましたヨ!」という知らせを受けいざ出陣!
いや、ありがたいお店&スタッフさんに感謝ですm(_ _)m
今度はMy Guitarはもちろん、リファレンス用にMyペダル、オマケにオペアンプ数種を持参するという、大マジモードです。
期待を裏切られるのがコワイので、多大な期待はせずに試奏…。

おっ? コレはイイかも♪

コイツはイイぞおぉぉ〜(^o^)/


ってことで気持ち晴れ晴れで購入決定!
せっかくなんでオペアンプなど変えつつTest。店員さんも今後の参考になるとのことでご参加いただきました。希少品以外のオペアンプは感謝の気持ちでおいて帰りました。入荷したのは連番シリアルの2ケだったんですが、ご丁寧に両方弾かせてくれました。その2つは全く異差なし!

あの「違和感」は何だったんだ?とは思いつつも、

そんなことはどうだってイイんです

手元には納得品があるんだから(^o^)/

まあ今にして思えばLovepedalっていうメーカーがクセものでして…(^_^;)
一人の天才で成り立つ個人ブティックであり、そのお方(ショーン氏)が気分次第でこまかな仕様を変更するオッサンらしいということもあり、あの違和感は「単なる私の思い込みやオカルトではなかった」と思います。
特にLovepedalのように部品点数の思いっきり少ないペダルだと、オペアンプはもちろんのこと、他のパーツの変更も、「弾き手なら解ってしまう」くらいの影響は与えるんじゃないかと想像いたします。



さて、超長〜〜い前置き失礼m(__)m

Lovepedal Eternity/エタニティ


画像
個体差??も含め、納得のMy Eternity♪ でもLooksは別のverが好き(^_^;)


詳しいスペックは下記メーカーリンクに委ねます。(アフィリではないです)
「Lovepedal Eternity」

画像
元々デフォルト状態でOPアンプをChangeできるというオタクな仕様


写真にある私のは第2or3期?くらいのブツです。小さな基盤ひとつ&空中配線だった頃。最近は全基盤になって「製品」としては別モノになってしまったようですね。肝心の「音」がどうなったのかは知りません。ただ、上記の購入顛末にあるように、パッと見はほとんど同じでもちょっとした事で「演奏者に解る違い」は生じるので、全く同じってワケにはいかないでしょうね。
私は、自分の求める音が作れて、使い易くて、壊れなくて、オマケに安かったらverなんて何でもイイです。もっと小くなれば更に云うことなし!


さて、実際の超現役マシーンなんで参考音源もぶら下げておきます。

当方のSample音源の録音条件は、
『エフェクターレポ/はじめに&録音条件』
でCheck願います。今回はHum有り!超珍しいゾ┌|∵|┘




↓■Lovepedal EternityのSample音/Single Alp&Cutting



00〜●まず始めに、バイパス/TrueBypassにより源音です
18〜●アルペジオ
47〜●軽いCutting
107〜●HardなCutting

フロントシングルでBacking系の音。DriveもLevelも9時前後。
OCDみたく細かいことはやりません。万能君じゃなく、キャラもんですから(笑)
アルペジオ時28秒辺りの、2弦のD音の響きがお気に入りです。
あっ、実はバイパス時のFuchsの音自体もかなりお気に入り(^ ^ゞ

↓■Lovepedal EternityのSample音/Single単音編



00〜●まずバイパス
11〜●単音で6弦〜1弦まで
28〜●同じコトをピアニッシモで
40〜●HardなPicking
100〜●同フレーズを太い弦で弾く

フロントシングルで単音系の音。DriveもLevelも9時前後。
Driveツマミはこの辺りで結構激変する。
ピアニッシモで弾いてますが、コレ実はClean音を出そうとしてるんです。でもエタ君、これくらいで弾いても厳密には音色としてまだ歪んでます。巷で言う「レスポンスが良いペダル」だとココまで弱くしなくてもとっくにCleanになってるし、ねいろも変化します。個人的には、エタニティはPickingに対する歪み量のレスポンスは差ほど良くないと思います。
普段の私はジャキジャキ君なんですが、ことエタニティに関してはまろやか系の音が結構好きで、1'00〜のように同じフレーズでも太い弦で弾きたくなる。

↓■Lovepedal EternityのSample音/Humbucker



当初は「今回も、Humありません」って書いてたんだけど、そういえばオトナの事情的にもUPして大丈夫な音源がある事を思い出したので、Guitar Solo部分だけ切り取って貼ってみました。
まさに、Hum+Eternity+Fuchsで実際に使った音(^o^)/
HumはフロントでDuncan SH-2です。たしか…。

コレを録った時も初めはストラト弾いてました。この完成型を知ってると「何故にストラトっ?」って感じですが、紆余曲折あっての完成型です。私にとってはそれくらいストラトが普通なんです。でもフレーズや音色(Ampやペダルの選択も含め)をいろいろ試しながらRecをしていくうちに、「こりゃ根本的に違うな」と。単にHumってだけならストラトのリアハム使うんですが、
「そういう問題じゃなく、そもそもギターが違うな」って。
レスポ系ギターに持ち替え、周辺Settingも全取っ替え。
そう判断した瞬間から「Front Hum+Eternity」というSetでキメ打ちでした。
「つかそれ以外のどんな組合せがあるっていうの?」ってくらいの勢い(^_^;)
そのSettingにしてからはフレージングも随分変わりました。少々大げさですが

Eternityに弾かされたSolo♪

でしたね(^o^)/




☆個人的に気に入ったトコ(^o^)/

 1. 初めて音を出した瞬間の感想は『ホンモノだぁ〜(感涙)』
 2. もう、キャラ、存在感が大好き!!
 3. 60〜70年代soundが好きな私にとってはツボ!
 4. 滑らかで、ツヤがある!芳醇!!
 5. SingleでもHumでも、各々のイイ音を返してくれる
 6. 自分にしては珍しくHumで弾きたくなる
 7. 理屈抜きで惚れている



▲個人的に残念なトコ(^_^;)

 1. キャラ一発勝負なので、何でもできるワケじゃない
 2. Lowが薄い(この辺がTSたる所以か)
 3. Pickingに対する歪み量のレスポンスが悪いと感じる
   (私の実用では無問題で、あえて云えばというレベル)



「Etrnity=TS系の最高峰」と表現されることがよくあるそうです。
私はMaxon大好きだし、Eternityに瞬間惚れしてるんだから
「要はアナタ、TS系が好きなんでしょ?」
と思われても不思議はありませんが、そういう意識は全く無いんです。

「えっ?オレってTS系が好きなの? うーん。いわれてみれば、たしかに…」
と思ってたまにはTS-9とかFullDrive2とかに触ってみるんですが、やっぱ触手が動かないんですよね。
なんででしょうね?Eternityには一目惚れしちゃうのにね(^ ^ゞ

ツマミを調整してA/B比較みたいなコトすれば、確かにドップリTS系なんです。たぶん、歪み粒子のツブ感というか、滑らかさというか、微妙な味付けの部分がたまたま自分にFitしているのかなぁ?と思ってます。
とにかくコイツは『直感』でシックリくるんですよね。

普段はほとんどがストラトの、バリバリのシングルPU野郎の私ですが、
「エタニティに関してはハムバッキングの方が好きなのかもしれない」
って思うほど、Eternityのハムサウンドはお気に入りであります。

★私にとってEternityとは★

理屈抜き、直感で大好き!

ハムSolo御用達ペダル!!
あ〜ぁ、芳醇…ヽ(´〜`)ノ♪




次回はたぶんMaxon OD-808/'70オリジナル(^o^)/

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして。TRUE BYPASS云々の実験記事が検索に引っかかりまして、読んでいたものです。
このLOVE PEDALというメーカーのペダルについて感想を伺えればと思うのですが、実は私、過去に初期BBBと、COT50MLを所有していたことがあります。
音そのものは気に入っていたのですが、ある時、どうも以前(購入前)に比べ全体的にゲインが下がっていることが気になり、あれこれ調べた結果、LOVE PEDALのペダルを繋ぐと、それだけでゲインが下がることに気づきました。両方同じ結果でしたので、個体差などではなく、メーカーとしての作りに問題があると解釈し、売却しました。
そのように感じたことはございませんか?
yazz
2012/01/29 22:28
yazz様 はじめまして(^o^)/
検索来訪の後、留まっていただきw、更にはコメントまでいただきありがとうございますm(_ _)m

さて、これぐれも当方なんでも知ってるワケではないです。それどころか知らない事がほとんどであります。たまたま知っている限られた知識の中でお応えするモノであることをご了承下さい。人によっては真逆の事を云う可能性すらありますのでよしなに願います。

まず質問の応え=「無い(^o^)/」です。
Cot50は3機の実機を持ってました。MLってのは知りません。BBBは未体験です。
Cotに至っては私の用途ではGainデカすぎて扱いづらく、1ヶは改造しました。エタも普通にデカいですよ。上記のサンプルでバイパスとONの違いからも解ります。あれでGainもLevelも9時という超・消極的設定ですから。Cotのバイパス時との差も、当サイトのどこかにサンプルが確実にありますので探索してみて下さい(^_^;)

yazzさんの症状から想像できる1つの可能性はつなぎ方です。ODやDist等のゲイン系で細くなったりゲインが下がるのは、その前にLine出力に相当する機材が繋がっている場合ですね。PreAmpとか。

もし、GtrとAmpの間にCotやBBBを1ヶだけ挿してバイパス時よりGainが下がるようなら、残念ながらソイツは壊れてる可能性大です。そんな規格の商品が世界中で指示されるワケ無いと思うのですが…。
本件とは直接関係ないですが、とりわけCot等の超高感度系のペダルは、その特性を生かすためにギターと直接結ばれるコトが大事だと私は考えます。ギターのVolへの反応などはその状態が最高だと思います。
今後ともヨロシクです(^o^)/
つん太
2012/01/29 23:38
はじめまして
私もギター関係のブログをやっているものです
http://guitarlunkie.seesaa.net/
非常に参考になる記事が多くいつも勉強させて頂いてます
近いうちにバッファに関する記事を書きたいと思っているのですが、その際こちらのサイトを参考にさせて頂いたのでリンクを貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?
突然のお願いですがよろしくお願いいたします
アレン
2012/11/15 23:04
アレン様 はじめまして(^o^)/
来訪&コメント、ありがとうございます。

ご丁寧かつ光栄なお話に感謝です。
どうぞ、使ってやってくださいまし。

このブログ、常識的に見れば「死んでる」かもなんですが(笑)、いやぁ私の中ではat nowなブログです。
「どのツラ下げて言うかっ!」って感じですが、そのうち書きためたモノを掃き出しはじめますんで、今後ともヨロシクです。
(^o^)/
つん太
2012/11/17 21:30
ありがとうございます!
私は機械的な事は全くダメで、ブログでも奏法や機材の紹介、音楽理論や自作音源のup等が主です
しかしこんな私でも分かりやすく、結果を音の違いで実感できるので非常に参考になってます
自分も何の疑いも無くBOSSを使ってましたが、家で実験してびっくりしました!
また何かあったらコメントさせて頂きます
次回作のup期待してます
アレン
2012/11/17 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
エフェクターレポ『歪み』#02/Lovepedal Eternity/音up  小林つん太のギター&音楽談義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる