小林つん太のギター&音楽談義

アクセスカウンタ

zoom RSS Effectレポ序章#2/私流[歪み]系ペダルの試奏法

<<   作成日時 : 2010/02/14 02:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 2

エフェクター、アンプ、ギター等のレポって、大きく分けて2通りあると思う。

■1. 主観をいれず、客観的に「製品紹介」に徹する
■2. 自らの趣向、仕様用途に従い、主観のみで語る


当サイトではことあるゴトに「注意」させていただいてますけど、
私の場合は基本的に「後者=■2」であります。

ところで私はペダルの好き嫌いを「主観」で判断する前に、いつも「客観的」に一定のTestを行っています。たぶん皆さんも自分なりのTest Formatをごく自然に持っていると思います。
私の客観的な部分というのは、当サイトのBypass性能Testやバッファ研究シリーズのように淡々と行う実験に近く、ある意味

ペダルの性能試験

に近いモノだったりします。
本日は、私のTest方法について書いてみたいと思います。
皆さんの試奏時にもお役に立てるかもしれません(^o^)/


画像



私流[歪み]系ペダルの試奏法


■1. まずBypass Test(^_^;)

とりあえずバイパスTest。カタログ的情報でTBと判ってればしなくてイイけど。最近の歪み系はTBが多いけど、T-Rexみたいなのもあるので注意。

■2. Unity Gain & Unity Tone Test

バッファのシリーズで説明しましたが、Unity Gainは私にとってとても重要な要素。入力:出力=1:1の状態のことで、Gain的に「何もしない」ということ。
さて、
ここで勝手に造語を造らせていただきます。
ググっても出てこないのでそんな単語は無いのですが、私にとってはこれまた重要な要素なので新たに当サイト内でコトバを定義させていただきます。

Unity Tone=入出力で「音質」を変えない状態

Unity Gain & Unity Tone Testとは、Testペダルで、

極力Unity Gain,Unity Toneに近い状態を作る

こと。極力でいいのです。このTestで重要なことが判ります。
Unity状態を実現できるペダルは「Amp Like」に使える。
とうていUnity状態からかけ離れた状態にしかならないペダルは「キャラもん」である。イイとか悪いじゃないです。単なる分別。
代表的な「Amp Like」は32V Boosterだったり、CE PedalsのFET Dreamだったり。完全じゃなくとも近いペダルは結構あります。一方代表的な「キャラもん」は言わずと知れたTS系やCOT50とかですね。
Unity状態なんぞ作りようもない(^_^;)

■3. Gain振れ幅Test

そのペダルなりのUnity状態のまま、徐々に
Gain=0→Full
にしてみて「振れ幅」、および「歪みの質」を味わいます。
ここ重要ですね。いくらUnity状態ができていてもGainを上げればそのペダル特有の歪みのキャラが表れてきます。

この瞬間こそが「好み」の分かれ目

最近流行のFET系なのか、定番のダイオードなのか、シリコンなのかゲルマなのか、対称か非対称か等々、歪みのキャラの決定要素は無尽蔵にあります。もうこれは実際に音を出してみたときのFeelingあるのみ。主観のみ。
ここで気に入れば、もっと掘り下げてTestするし、気に入らなければこの瞬間店頭試奏は終えます。

一方「振れ幅」は大したことじゃないです。Maxどれだけ歪む設計、仕様なのか?そのMaxって音として使えるのか?それくらいの確認かな。クランチ好きにはあまり用はないけど、High Gainを求めるヒトには気になるところ。もし「キャラ」が気に入ってる場合は「振れ幅」は改造しやすい部分でもあります。あるいはペダル自身をBoosterでGainすることもできるので、とにかく「キャラ」が最も重要。
その域になると今度はハウリングとのせめぎ合いになりますけどね(^_^;)

■4. Booster Test

Unity状態、あるいはUnityからGainのみ絞ってVolを上げてAmpをBoost。
このTestは気が向けばヤルけど、店頭レベルでははぼやらない。

「歪み」系ペダルの使い方って、概ね
● エフェクター単体で「歪み」そのものを作ろうとするヒト
● いわゆるブースター/Boosterとして使うヒト
に2分されると思います。
実は私の場合はほとんどが前者で、Boosterとしての使用はあまりやりません。
というのは「ブースター的使用」って

「ペダル」+「直後のAmp等」の特性の複合技なので

直後のペダルやAmpとの相性が重要な要素になる!

普通は機材を選別する時って、だいたいは店頭での試奏に頼ります。その場合、そこに自分と同じアンプや歪みペダルとかが無いと相性の評価までできませんよね。クリーンブースターならいざしらず、歪ませる目的のブースターは店頭では評価しにくいです。それと2段ゲイン的になるコトが多いワケで、やっぱ設定がメンドウ…。
Live主体の方には需要が多そうですが、Rec主体だとあんまりね。
というか単に私のBoosterの使い方がヘタってコトなんですけどね(^_^;)
そんなこんなで、私のレポってのは基本的に「単体で歪ませた音」が主です。
自分の機材で試せる環境なら、たまにはTestしてます。

■5. Tone Range Test

たぶん誰しもやりますよね。Toneが1ヶ、2ヶ、3ヶといろいろでしょうけど、各ツマミのmin〜maxは確認してみます。「振れ幅」も大事だけど、どの周波数帯域を調整する設計なのかも重要。
TS系のようにどうやっても「あの音」なペダルはざっくり方向を決めるコントロールになりますが、「Amp Like」でかつTone幅が広い場合は、ほとんどPre Amp的なペダルとも云えます。
Pre Amp的な性能を持つペダルは個人的に好きです。
私は敬意を表して『優秀なペダル』と呼んでます。

■6. レスポンスTest

ペダルのGainをクランチ状態にSetします。
Cuttingやアルペジオで、極端にppからffを弾いてみる。
ppでクリーン、mf以上でクランチ、ffでさらに深い歪みになれば上出来。
さらに音色もその都度微妙に変化してくれたら私好みです。ニュアンスなるものを大事にする向きは、こういうペダルを好む傾向がありますね。
一方、どんなに弱く弾こうが音量が落ちるだけで「歪んだ」ままのペダルもあります。レスポンスの観点に立てば「レスポンスは悪い」ってことになりますが、イイ悪いというより、用途が違うかな。ニュアンスが邪魔な場合もあったりする。

■7. Guitar Vol反応Test

ペダルのGain=FullにしてGuitar Volを絞った場合の音色変化。
このTestは試奏時のギターの電気回路にも相当左右されますけどね。
一般的に「良し」とされるのは、クリーン〜激歪みまでGuitar Volのみで出せること。多くの場合クリーンになる前に音量やHighが激落ちして使えない(^_^;)
High落ちせず、音量もソコソコで綺麗なクリーンが出れば最高です。
このTestに敏感なのはLive主体のギタリストさん。私個人としては、Guitar Volを使ってペダルの全く別のキャラを引き出せることに興味があります。

■8. 好きな音作って気持ちよくなる

あ、Testじゃないか(^ ^ゞ
自分の用途にあった、いろんな設定を作ってみる。
もち、最後は好きな設定にして悦に入る。
ここまで来たペダルは「欲しいモノList」認定ですね。
ほとんどのペダルは■1〜5くらいで終わる。試奏時間にして2分くらいかな。

※      ※      ※      ※


基本はこんな流れでTestや店頭試奏をしてます。
が、あくまで基本。常に全てやってないし、臨機応変。

【当サイトでのレポ方針】
で、店頭試奏レベルのレポに関しては、やっぱ「主観」がメインになりますね。細かいことはいちいち覚えてないしね。
一方、現在や過去に所有してたりお借りしてたりした機材に関しては、可能なときには音源なども交えつつ、上記の試奏法に基づいたある程度クールなレポができればと思っています。。
まあ「主観」が基本だけど、たまにウソみたいに「客観的」になることがありますヨ!って感じです。

もろもろ、よしなにね。m(__)m

次回はもう一つ序章(^_^;)
Effectレポ序章#3/私流[空間]系ペダルの試奏法

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つん太さま、待ってました〜
自分はトーンレンジが狭まるものでも好きなペダルあります。
そのレンジが所有ギターやアンプの歪chのレンジに合えば、ですが…
ワイドレンジなペダルは歪ませるとバリバリする傾向の物が多い気がします。

用途で、どっちも欲しくなるんですが笑
x
2010/02/15 18:27
xさま どうも〜(^o^)/

私は『優秀なペダル』は好きです。上述のように敬意を払ってる。なんせ歪みペダルの中で唯一「縛り」がある設計ですからね。
ところが到達点が決まってる分、極論すれば気に入ったのがが1ヶあれば事足りるのも事実。

で私の持ち物はというと、
さっき改めて数えてみたんですが(笑)、現在は約10種の歪みペダルを持ってて、『優秀なペダル』はそのうち1ケのみ。
後は全てUnityなんぞドコ吹く風の強烈なキャラもんばっかりでした。なんせ一時はCotを3機使い分けてたアホですからね(^_^;)

でも私は必ずUnity Testをやるんですよ。なぜならUnityからかけ離れたソイツの素性が浮き彫りになるから(^o^)/
つん太
2010/02/16 00:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
Effectレポ序章#2/私流[歪み]系ペダルの試奏法 小林つん太のギター&音楽談義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる