小林つん太のギター&音楽談義

アクセスカウンタ

zoom RSS 『最適ボードシステム考察#9/虎の巻』

<<   作成日時 : 2009/12/31 18:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 8

エフェクター考察シリーズ#28
最適ボードシステム考察#9/虎の巻


長きにわたりバッファやエフェクトシステムについて述べてきました。
詳細は各ページで見てもらえばいいのですが、

ココさえ見れば、簡単に実践できる!


ということを目的に、最適ボードシステム考察で述べたことをまとめます。
ざっくり、シンプルにをモットーに
あえて理論や理由をヌキにして書きます。
疑問点があれば各々の記事ページを熟読して下さいね。

それから後半に、
この『最適ボードシステム考察』における落とし穴について。
A,B型のページでいただいたコメントから気付いた注意点を述べさせていただきます。

※          ※          ※



念のため、私の云うところの『最適ボードシステム』とは、

■1. ギター出力の「源音」に、意図以外の変化を極力与えない

■2. Bypass状態のペダルは、「無の状態」が理想

■3. キャラが重要なペダルのキャラになるべく変化を与えない

■4. 極力Simple、安価、現実的

■5. この考察ではSwitchingノイズは気にしない


以上の理想に、なるべく簡単にたどり着くためのメソッドです。



■ Effectボード 虎の巻┌|∵|┘


★1 まず有効バッファを真ん中に据えた状態から出発

画像
(図セ)構築のスタート地点/Clickで拡大

 
★2 各ペダルがバッファの、前後どちらにあるべきかを判断
  そのために全ペダルを(図ソ)に従い、4つのタイプに分類する
  極論すれば、このチャートが全て(^o^)/

画像
(図ソ)ペダルの分類チャート/Clickで拡大


★3 バッファ前、バッファ後に振り分けたら
  それぞれの区間の中で、お好みの配列を考える。
  (図ソ)中で例に挙げたペダルを使って、一例を示します。

画像
(図タ) 図ソのペダルでの一例/Clickで拡大


★4 クセ有り、クセ無しCableにかかわらず
  自分が意図して選択したシールドはギター〜初段ペダル
  ボード後のシールドは、音に大きな影響なし!
 
★5 Tunerには気をつけよう!
  TB式以外のTunerを直列に入れると音は激ヤセ┐(´o`)┌


なるべくシンプルにまとめました。
極論すればコレだけっす(^o^)/(^o^)/(^o^)/

※          ※          ※



■ この考察の「落とし穴」

本日の巻頭に書いたように、シリーズ上の「落とし穴」について。

今更ですが、「A,B型」のページにて読者の方からいただいたコメントについて考えてて、偶然にもこの最適ボードシステムシリーズにおける「大欠点」を発見してしまいました(^_^;)

当シリーズでは実際にバッファとして役立つ「有効バッファ」を定義し
その有効利用方法を考えてきたのですが

バッファその物が、

前段の機材から受ける音質的な影響

についての考慮が無かった〜ヽ(´o`)ノ


あいやマイッタ(^_^;)
実際どういうコトになるかというと、
「有効バッファ」の定義に1つ項目を増やさねばならない。

有効バッファは、音質的に前段の影響を受けない


いくらバッファ後に配置したペダルの劣化を防ごうとも、前段のペダルの影響でそのバッファ自体が音質変化をしていたのでは『有効バッファ』とはいえない。
つか、もしそうならボードシステムの『入力部』にしか配置できない。
ってことは、キャラ的にバッファの影響を受けたくないペダルというのは使用不可になってしまう。
まさに、あちらを立てればこちらが立たず┐(´o`)┌

バッファ自身がバッファードされた時に、音質変化がないバッファなんてこの世に無い!なんてことになれば、ここでの考察は大幅に修正を加える必要があります。

で、現実的にはどうなのか????
いや、正直ワカリマセン(^_^;)
テーマとしては「有効バッファの選定」ということになりますが、認定機はより狭き門になるかもデスね。なんせ現在手元にありませんので、今は検証のしようがない。選定方法としては、片っ端から実験してみる以外に方法はない。
まあ、機会があらば実験してみるってことで(^ ^ゞ

念のため、定義も加筆してまとめておきます。

ココで云う有効バッファとは

■ BOSS型ペダルのバイパス劣化を防げる

■ 音量、音質に変化を与えない設定が可能

■ 前段ペダルのバッファ効果で、音質変化を起こさない

個人的には、そんなバッファの存在を切に祈ります┌|∵|┘

※          ※          ※


さて、足かけ2年以上かかってしまったバッファシリーズ(^_^;)
今回をもって無事最終回とさせていただきます。
最後に「有効バッファ」の範囲を狭めてしまった可能性がありますが…。
現状実験ができる環境にないので「とりあえず」ってコトで(^ ^ゞ

モチロン新規ネタ、加筆等必要あらば新たに始めます。
取り敢えず2009年中に終わらせることができてヨカッタぁ〜(^ ^ゞ

その他、何か質問なんぞあれば、関連深いと思われる記事のページにてコメント欄で質問してください。できる範囲で答えさせていただきます。知らないことも山のようにありますので、答えられなかったらすんませんです。

それでは、年明けからはキレイに
とうとう丸2年越しになってしまった、エフェクターレポシリーズ。
かな?(^ ^ゞ

お楽しみに〜(^o^)/

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。

毎回のレポずっと読ましていただいておりました。

本項を読んでて少し思うところがあるので、投稿させていただきます。

有効なバッファーとは詰まるところ、
音質を変えることなく、インピーダンス・マッチングを図るものだと思っております。
とすれば、
つん太さんが懸念される、
>前段のペダルの影響でそのバッファ自体が音質変化
というのは、あまり考えなくとも良いかと思います。

たとえば初段:OCD
2段:Buffer
3段:BOSSのエフェクター
と繋いだ場合。

初段のOCDをオンにした時点で
OCD自体がBuffer効果を持つと考えられます。
この場合、2段目のバッファーをオフにしても
3段目以降には初段のOCDのバッファーが効いてると想定できます。

一方、初段のOCDをオフにすれば、
2段目のバッファーをオンにすれば、用を足すと思われますが、
如何でしょうか?

実際に使用するとなれば、プログラマブル・ルーパー等をかまさないと、大変だとは思いますが。
Hawkeye
2010/01/02 19:31
Hawkeyeさま はじめまして。
コメント、ありがとうございます(^o^)/

まず挙げていただいた例に関して言えば、ご提案いただいた事はおそらく可能です。
ただ仰るとおり、プログラムが必要になる。
ここでは「なるべくシンプル&リーズナブル」を掲げてるんで、Buffaは「常時ON」、あるいは「使わない」を基本に考えました。
「歪ませるためにOCD=ON!」は演奏中にも最低限必要ですが、「歪ませるためにOCD=ON、そんでOCD=ONのためにはBuffa=OFF」という、本来の目的「外」動作が必要になるとシンプル度は低くなるなと。
それから私の言うところの「有効バッファ」は『バッファ様はスゴイのか#4』で述べたように、インピーダンスマッチングを取っただけでは合格にはなりません。残念なことに長年Buffaとして世界中で使われているVooDooでさえNGでした。
この有効バッファ性能のTestサンプルはまだまだ少ないですが、実感としては思ったより全然少ない!って感覚です。
ソコへ持ってきて「常時ON」を前提にすると、使えそうなのはドえらく少なくなる気がして、少々ショックを受けてます(^_^;)

でも上記のように、Hawkeyeさんの提唱は上記の問題を現実的に回避するひとつの「回答」であることには違いありません。
このシリーズって、こんな風に読者さんからの意見で「おぉ、そりゃオモロイ!検証してみよっ!!」ってノリで発展してきました。
これからもヨロシクです〜(^o^)/
つん太
2010/01/02 20:32
非常に参考になりました。はじめに小林さんの
レポートと音源を聞いたときに、想像以上だったので
びっくりしましたね。
個人的には、エフェクターをたくさんつなげるので、
バッファーを用意しようかと考えています。
なんとなく、ワイアレスシステムのような
ストラップにバッファをつけて使用するのが
よさそうに感じています。(特注しようかな)
こんな、サイズならば、使えそうです。
http://www.bambasic.com/effects/effects_custom/highdef.htm
これなら、シールドの影響も少ないかも。
しげる
2010/01/26 00:03
しげる様 はじめまして。
コメントありがとうございます(^o^)/
参考になったというコメントは至福です。これからもヨロシクですm(_ _)m

ペダルをたくさん繋ぐ方で、「源音重視」「音ヤセ厳禁」の方はバッファとTB Loopはあったほうがいいですね。
ただしバッファにはくれぐれもご用心を。
役に立たないどころか、バッファ自体がヤセの元凶になる機種もありますので。

Linkのバッファみました。
性能はTestしなきゃ分かりませんが、商品企画としてスバラシイと思いました。規格じゃなくて企画ネ。コレ大事です。
ユーザーの視点に立った、かなり現実的で便利な仕様。小さいこと、ボードの隅に置く前提、Jackの出し方、Tuner問題、ボードの入口だけにInputが横にある必要が無い!等々。
いやぁスバラシイ(^o^)/
これで私のいう「有効バッファ」なら完璧な商品ですね。ソコだけはTestしなきゃワカンナイ部分。
Testしてみたいねコレは(^o^)/
つん太
2010/01/30 07:09
つん太さんはじめまして。
大変興味深い内容のブログでとても勉強になります。
私もブースター&歪もののエフェクターをこれまで数多く所有し「トーン」を模索して参りました。
現在OCD,32VOLT BOOSTER,ZENDRIVE等をメインに使ってます。
そこで私の経験談ですが、OCD(バージョン4なのでゲルマニウムが入ってます)と例えばT-REXのデジタルディレイ(true bypass)を使用したとき、OCDのレベルの設定がフルの状態だとディレイON,OFFの原音の差がほとんどなくなりました。この際に、OCDはOFFにしない(手元のボリュームで調整)のが前提ですが、その状態のOCDの音が一番良いということもわかりました。
所有するほかの歪みもの(再発ソニックディストーション、ZENDRIVE etc...)ではこの手法は当てはまらないのですが、OCDの関しては標準的なレベルで使用した場合にディレイON, OFFの差がとても大きくできてしまいそれを避けるためにディレイ前にボスなどのバッファーを繋げていた時期がありOCDの音質が変わってしまうのが難で悩んでいた時期がありました。
また32VOLT BOOSTERを加えての実験をしましたが
OCDの後に使用する場合OCDのボリュームをフルにすると32VOLT BOOSTER側が入力過剰になって音がわれてしまうので現在OCDの前に繋げてブースターとして使用しています。

っと、思ったことを書き綴ってしまいました。。。
とりあえず参考までに!

KEN
KEN
2010/04/29 18:52
バッファに関する過去記事も含め、興味深く読ませて頂きました。
1点気になることがあるのですが、バッファを"buffer"でなく"buffa"と綴るのは何か理由があるのでしょうか?
yamj
2010/06/04 15:44
KENさま はじめまして(^o^)/
遅レスにてm(_ _)m

OCDに関しては数人の方から声が聞こえてきましたね。大雑把に言うとどれも似たような感想で、ここまでくると「火があるコトの煙」と感じますね。
私自身はOCDをシステムに組み込んだ事はなくRecのみの使用なのでそういう感想は持っていませんでした。世の中歪みペダルは何百とあるのに、OCDの名指しが多いってのはある意味スゴイ。
明らかに他と違う傾向があるってコトと同時に、ユーザーが多いってコトの証でもあります。

ボードシステムを考える上で、『要注意ペダル』という項目に入れる必要がありそうです。
うーん、奥深い(-.-)y-~~
つん太
2010/06/09 00:32
yamjさま はじめまして(^o^)/
来訪&コメントありがとうございます。
ご質問の件。結論から言うと理由などございません。
ただのマヌケなミスですね(^ ^ゞ

自分の初期のバラ打原稿を見ると、いちいちバッファー(Buffer Amp)と書いてありますね。ご丁寧に単語登録して書いてたから表記が長かった。推敲時はマニュアルで打ったからそうなったようで。

数ヶ月の間にバッファーもバッファに短くなりました。
カナと英字表記が混在してるのは意図です。
対検索用に1ページ内に両方の表記があるように心がけましたが、スペルが違っていては意味がありませんね(汗)

[u]と[a]を間違えないように頭の中で「ぶっふぁ」と云いながら打ってたので[buffa]。せめて脳内で「ぶっふぁー」といって打っていれば1字のミスですんだのに、ってそういうことじゃないか(^ ^ゞ

ヒマをみて徐々に直させていただきます。
ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
つん太
2010/06/09 00:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
『最適ボードシステム考察#9/虎の巻』 小林つん太のギター&音楽談義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる