小林つん太のギター&音楽談義

アクセスカウンタ

zoom RSS 『最適ボードシステム考察#3/出入口』

<<   作成日時 : 2009/12/04 00:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

エフェクター考察シリーズ#22
最適ボードシステム考察#3/出入口


やっと中身かと思いきや(^ ^ゞ

いろいろパターン別に書いてたら主たる記述以外のトコが何度も重複したので、初めにソコだけ独立して書きます。

全ての型に共通なコトとして、
主にシールドケーブルとボード用チューナーについて。

まずシールドケーブルの劣化や違いについての詳細、
バッファ#5シールド#1バッファ#6シールド#2
を未読の方は一度読まれることをオススメします。
自分でもビックリする実験結果でした。実証音源付きなので解りやすく、必ずお役に立てる内容だと自負しております(^o^)/
リンクを読んだ方は、これからの記述に深く頷いてくれるでしょう。

画像
ボードの出入口




■ ボード入口までのシールドケーブル


クセ有り、クセ無しCableにかかわらず

自分が意図して選択したシールドは

ギター→→→初段ペダル

に必ず使うべし(^o^)/


モンスターだろうが、ベルデンだろうが、使いどころはココ!
つか、キャラが強いケーブルの使いどころは
極論すればココだけでっせぇ!

その他の部分は、用途と場合により最適選択は異なります。
が、ギター→→→初段ペダルに関してはFinal Answerでよいと考えます。
(EMG搭載EGの場合はワカランが)



■ 出口からアンプまでのシールドケーブル

今回のエフェクトボード考察ではA〜F型のタイプに分類しました。
A型以外は基本的に常時ONの有効バッファを用いたシステムです。
よって出口の後段シールドは音質の観点からすれば、普通にまともなケーブルであればハッキリ言って大差は無いんです(上のリンク参照)。モンスターだろうがGeorge L'sだろうが、ブラインドじゃワカランくらいの差でしかない。

とは言えLiveを想定したボードシステムならば、線がか細いL'sは避けた方がよいでしょう。モンスターみたく高価じゃなくていいから、踏まれまくるのを前提に頑丈なシールドをオススメします。
(って暗にベルデンか?)


さて、例外はA型。
A型(時にD型も)の場合、ペダルを全Off(Bypass)にした時に「Amp直」と等価になります。ソレこそがA型の「メリット」ですが、ソレだけに注意が必要。

その場合、後段のケーブルの影響も音にキッチリ出ますので、意図を持って選んだ初段(入口)のケーブルと同じケーブルにする必要があります。
まあ、全Offになることは一瞬たりとも無い!というなら話は別。
その場合、極論すれば後段ケーブルは何でもいい(^_^;)



■ ペダル連結ケーブル

ココに関しては実証するのは骨が折れるのでやってません(^ ^ゞ
モチロン影響はあるでしょう。がトータルの長さが重要なファクターであればペダルの個数にもよりますよね。20cmを5本使えばトータル1.0m。8本で1.6m。オマケにHighインピーダンス領域でしかケーブルの差は現れない。
とすれば、あまり神経質にならなくてよいのカモですね。

ちなみに私はどうしてるかというと、ALL 黒L'sです。
そもそもL'sが好きっていうのもありますが、たまたまL'sの特徴って「無変化系」ですからね。モンスター好きの方もベルデン好きな方も、ボード内で無用の変化をしないのであれば否定する理由は無いかと…。それにボード内は誰も踏まないしネw。

「無変化系」の音も魅力ですが、ボード内におけるL's最大のメリットは、ボード内で細くて取り回しがよくコンパクト、長さも自由でボード内アレンジが自在って事です。

モチロン!入口、ボード内、出口、全て同じケーブル!ってのも理想ですヨ。
しかし、音質的には実は効果がナイってトコは、利便性や経済性を考慮してもヨイかなという考察です。



■ チューナーについて

チューナー要りますよね?当たり前です。
大昔はコトもあろうにBOSSのTU-12あたりを回路に直列で挟んでましたね。いやぁ〜スゲェ(^_^;)

まあさすがに現代の情報文化でそんなことする人も殆どいないとは思いますが、だからといってキチンとケアできてるかっていうとそうでもないです。エフェクターだシールドだと凝っていても、Tuner部での激劣化状態を平気でスルーしてる人結構いました。

最近やっとTrue Bypassを唱った機種も出始めましたが、ほんとここ数年です。6年前のKORG DT-10でさえ、ひでぇ音ヤセチューナーでした。オマケにアイツは改造が困難だった┐(´o`)┌
最近は選択肢も多少出来たし、いくつかの現実的お勧めパターンを上げておきます。

■1. TB式Tunerをボード初段に据える
  視覚性、簡単さ、信頼度、コレが一番リーズナブルな入口機

■2. ボードには置かず、クリップ式のTunerを使う
  クリップ式の性能も上がり、バックライト搭載など選択肢も増えた
  持ち替えがナイならこれが最もシンプル
  つか、あってもこれでいいかな(^o^)/

■3. ボード初段にTB式セレクターを置く
  私はずっとコレ。パッシブ1LooperかA/Bセレクター。
  Tuner専用に超小型の自作入場門を使ってた。


10年前なら材料や作り方もココに記載して■3.をオススメしたでしょうけど、今なら■1.か■2.ですね。
私も今なら■2.を選択します。

実は上の「出入口」の写真は■3.の一例と言える私のブツです。
パッシブTB式でTuner Outと1Loop、2LEDを装備してあります。
ウリはそれだけの機能で激小ってことですね。自作派の方なら解ると思いますが、内部のレイアウトは指南のワザ。実はJackというJackを排除してあります。商品ではなく自分専用の機材だからデキることですね。いくつかのケーブルはSWに直付けしてあります。興味が湧いた方は作ってみて下さい。

Tuner Outだけの入場門ならもっと小さくできます。
下の写真は作ろうとしてそのままになってる部品です。ケーブルの直付けを駆使しなければ到底入りきりません。ケーブルもL'sじゃないとたぶんムリ。
ケーブルの曲げ力がSWのハンダ部に直接掛かりますから、その辺の安全策にはチョットしたノウハウが必要です。
だが時はもうすぐ2010年。まあ必要ないか#ノ-_-)ノ

画像
極小!制作にはチョット苦労しますよ(^o^)/


※          ※          ※


今回は、予定変わってすみません。
次回は間違いなく『最適ボードシステム考察#4/A,B型』
A型、B-1型、B-2型編。では、お楽しみに〜(^o^)/

画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもつん太さん!

このホームページの影響でバッファー付の
A/Bセレクターのようなものを購入し本日手元に届きます!

多分較べないと分かりづらいような地味な機材ですが、
ここで学び実はとても大事な事と気付きました。

ライブなどで使ってみて良かったら紹介します!!
ユウキ
2009/12/04 08:04
つん太さま。

僕は、■1です。
実際には 
ギター → ベルデン → Cot50 → TB式Tuner 
と、Tunerの前に常時OnのCot50を置いてます。

理由は、バッファをよりギター側に置きたいという気持ちだけです。。
TB式ペダルひとつぐらいの劣化なんて本当に極小ですが、精神的な安堵感をちょっと得れます(笑)

でも、これだと、ちょっと歪んだ信号がTunerにいってしまうので、チューニングの精度に影響があるのかもしれないですね。。
kimi
2009/12/04 22:42
ユウキ様

おぉ、Buffa+A/Bですか。
機種の見当がつかない(^ ^ゞ
「有効な」バッファであることを祈ります。
Amp直との比較レポ、楽しみにしております。

kimiさま
■1というか、限りなくAmp直の潔い「システム」。いやぁ、ソレでコトが済むなら最高です(^o^)/
確かにkimiさん的に最も役立った情報は、Fuzz編かもですね。
今回のコラムで適用できる事項は、後段のケーブルかな。COTが常時Onとのことなので、普通以上なら何でもよいかと。
まあベルデンは値段的にも強度的にもGoodですから、ALL Beldenで問題ないですね。

Tunerへの影響ってどうなんでしょう?
「揺れ系」じゃないので差ほど問題ないような気がしますが定かじゃありません(^_^;)
BOSS少年だった頃、最終にTU-12を挿してたことがあります。歪みのお陰でサスティンあって、むしろチューニングし易かった記憶が(^ ^ゞ
ところで、TB式Tunerは何をお使いでしょうか?軽レポしていただけると、みんな喜びます(^o^)/
つん太
2009/12/05 05:39
つん太さま

tuner以降を省略してしまいました。
実は、Tunerの後にもしっかり大好きなHotCakeだとか、空間系ペダル等などが存在してます。全然、潔くありません(笑)なので、今後の連載も非常に楽しみです!

早速ですが、Cot50のTunerへの影響を実際に調べてみました。
結果は全く問題ありませんでした(笑)
やっぱり実際に行動してみるのが一番ですね。
疑問がスッキリして良かったです。

それと、僕のTB式tunerはKorgのPitchBlackです。
下記の直列セッティングにて10分ぐらいTU-12と比較してみました。

Guitar → PitchBlack → TU-12

TU-12の「針」の方がより精度が高いのでは思っていたのですが、「針」がメータの中心から少しでもずれた状態にて、PitchBlackでもしっかりとズレを表示してくれました。
弦を弾いてからのTunerの反応も遅くないです。(少なくとも、僕はストレスを感じたことはないです)
両者の違いは「針」と「デジタル表示」の違いだけという感じです。
ただ、PitchBlackのルックスは好きではありません(笑)

10分の軽レポなのですが、失礼させていただきます!
kimi
2009/12/06 17:44
kimiさま(^o^)/

おぉ、私の早とちりでしたね。すんません。
私ね、自分で書いておきながらスンゴイ勘違いをしてるのです。
「■1」をA型だと思ってたようで(^ ^ゞ

COTと空間系があるってことは、おそらくC,F型ですね。
私の研究では「イラン事しないバッファ」を想定したシステムを主眼としてます。ところがkimiさんの場合やや特殊です。
「敏感系&TB」であるCOT=常時ON
kimiさんの場合、キャラ出しまくりのCOTを電気的観点で有効バッファとしてとらえる事ができるかどうか?
が、争点になります。残念ながら今の私にはモノの事情で実験できないっす。簡単に実験方法を記します。
COT→確実に有効なBuffa→空間系
Buffaは例えば32vとか4.23です。確実じゃないモノ、キャラが出ちゃうモノ、TBじゃないモノだと実験は無意味です。
この結線でBuffaをON/OFFしたときに出音が変わるかどうか? COTはON。空間はどっちでもOKです。
出音が無変化ならCOTは有効。変化したらCOTでは空間系の劣化Wallをブチ抜けないってことになる。
がんばって〜┌|∵|┘

Tunerレポありがとうございます。
私がTB式Tunerって云ってるときの仮想機種はソレです。気になるで知ったときは
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
って感じで欲しかった。楽器屋で現物見たときはビックリしたけどね。
『デカっっ┌|∵|┘』
ではでは〜(^o^)/
つん太
2009/12/07 03:42
すみませ〜ん、朝寝坊して電車に乗り遅れました〜

自分のEMG SAは確かにシールドの違いは微差になりま〜す。

パッシブloop市販品ですが重宝してます。自宅での音造りでのODの繋ぎ換えがラクで〜す。

先日、セッションでクリップtuner借りたんですが便利でした〜liveでは見た目が気になりますが…
自分はvolペダルのtuner outです。位置は歪と空間系の間orセンド&リターンで〜す。

がんばって、追いつきま〜す。
x
2009/12/07 11:21
つん太さま

そうでした!
COTが「えらいバッファ」であるかどうかについての検証をすっかり忘れていました。。
COTがLovelyすぎて、一番大事なところが盲目でした。恋愛と同じですかね(笑)

実験方法につきましてもアドヴァイスをいただきありがとうございます!
32v ちょっと高いので悩みます。
手元にあるクリーンブースター系に「えらいバッファ」がいれば良いのですが。

ありがとうございました!
kimi
2009/12/08 15:41
xさま

EMGのレポありがとうございます。
やっぱそうですか。検証したことがナイんで想像でしかなかったんですが、納得できました。
「EMGはエフェクター乗りが良い」って昔から言われますよね。EMGのPU部分自体の特性は知るよしもありませんが、「乗りが良い」の正体は、Gtrの出力段で「バッファを介してる」ってことにあると言えるのではないかと。

おぉ、Volペダルですか。
Tunerの件とは関係なくてすんません。言われてハッとしちゃいましたが、自分が使わないのでスッカリ想定から抜けてました。システムの劣化には影響大ですよね。
「たぶん」ですが、ペダルは常時ONのバッファ後が「必須」のような気がしますヨ。

Kimiさま
32v等々、買う必要はナイですよ。Testできればいいだけですから。お友達などから借りられる機会を待ちましょう。
つか、まずはお持ちのBoosterで「バッファ様はスゴイのか?#3」の実験A-1をやってみて下さい。「エライ奴」が紛れ込んでたら大Luckyですよ。
実験したら、効果の有無の結果を教えて下さいね。超役に立つ情報になることでしょう。
パッシブLoopは持ってないようなら1ヶはあると便利ですよ。作れば1000円もかからない。
では〜(^o^)/
つん太
2009/12/09 07:36
つん太さま
volペダル劣化キョーレツです。ですが、ギター2人いますと、ないと不便です。
自分の物は歪ペダルの後ろですと、劣化が感じられないようです。
x
2009/12/12 13:16
xさま

「Volペダル劣化=強烈」でしょうなぁ…。
で、「歪み後=劣化が減少」やっぱり〜(^o^)/
有効バッファ「後」は劣化しないと思ってましたが、単なるActiveペダルくらいで効果があるかどうかは予測ができませんでした。
まあまだソノ歪みペダルが特殊に有効能力を持ってた可能性は否定できませんけどね。EMGに続き、大変有益なレポありがとうございます。
つか、tunerが前にある必要もナイし、Volペダルは常時ONのペダル後にした方がよいかと。
つん太
2009/12/13 02:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
『最適ボードシステム考察#3/出入口』 小林つん太のギター&音楽談義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる