小林つん太のギター&音楽談義

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造ストラトキャスター #5 ピックアップ編

<<   作成日時 : 2007/02/04 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 9

予告通りPick up編。
今さらですが、はじめにお断りいたします。以下、自分でギターを改造してるような方しか理解できないような、特殊単語を判っているという前提で使いますのでご了承下さい。このストラトシリーズはDeepオタク路線で割り切らせていただきます。

Deepなシリーズもやっと電気系統編です。ストラトに限らずエレキの改造といえばまずピックアップ。

出音に最も大きな影響を与える、最も簡単な改造!


ちょっと研究熱心なギター弾きはだいたい経験してると思います。例に漏れず私もかれこれ30年近くやってて、これまでにどれだけお釈迦にしたことか(^_^;)

さて、Pick Upは歴史的にたくさん試してきたし、ストラトは私のメイン機なのでピックアップのストックは常に常備してます。私の定番は大きくわけると3系統あります。

 ■1:ビンテージ系
 ■2:レースセンサー
 ■3:ハム、高出力系

■1のビンテージ系はもっとも重要視してて、過去Duncan、Vanzandt、FenderのCustomShop(CS)系、その他いろいろ山のように試しました。現状私のお気に入りは、
SSL-1、True Vintage、CS54、CS69
あたり。もろ傾向が偏ってますよね。枯れ系です。趣向の傾向が似てる方なら「わかる、わかる」と微笑んでくれるだろうし、似てない方はカスリもしてないでしょうね(笑)ちなみにLindy、VooDoo、Kinnmanはまだ試したことないです。

■2のレースは、Gold、Blue、Silver、Red
 と試してきましたが、現状のストックはGoldとRedのみ。

■3はLittle59、HotRail、L500、レースRedなどです。

その他も含めストックしてあるものを、その時のMyブームに応じて乗せ変えます。数年変えないこともあれば、ひと月で変えることもしばしば。なのであくまで現状のお話です。

画像


2007年02月現在、このストラトの現状は、
フロント[F]■Seymour Duncan SSL-1
センター[C]■Fender レースGold
リ  ア[R]■Fender レースRed


です。ピックアップの変更は気分次第で行いますが、構成は変わりません。
フロント[F]■ビンテージ系
センター[C]■とにかくレースセンサー
リ  ア[R]■高出力系([R]はたまに企画を変えますが)


[C]のレースGoldはツマラン理由で決まってます。私の弾き方が悪いのですが、Pickingの際にちょうどPickが[C]の位置にきてポールピースが邪魔になる、という理由。どんなにPUを下げても邪魔。
センターって音的にはハーフトーンでしか使わないので、まあ無難なものをということで不動のレースGoldになってます。「邪魔」ってコトに関しては、たしかリッチーも同じような事を言ってたような…。
ちなみにVintage Noislessは面取りが半端じゃないのでまあまあでした。

[R]はSolo系の時、たまーに使います。なので歪み専用PU。

で、Front。
私の場合、playの90%はFrontですので、Frontには長年の試行錯誤が詰まってます。道のりは複雑ですが、行き着いた先はとてもシンプルで
「結局ソレかぃ」みたいな…(^_^;)
Duncan SSL-1はバランスがいいです。
ふくよかでブライトで枯れていて、強弱への反応がいい
言い方悪いですが全ての要望を「適度」に満たしてくれてる感じ。
ずっと一緒にいて疲れない彼女みたいな心地よさ(笑)
シールドもエフェクターもアンプも全て、このフロントの音に合わせて選び、調整をしています。
画像

写真はセイモア ダンカン SSL-1


Pick upのことを話そうとすると、私が経験したごときの数でさえ話せば長くなるのでまたの機会に。
私の場合、あまりギターの数を増やしたくないためストラトには利便性を背負わせます。現実的にはムリだけど、理想は1本で全てコト足りるギターが欲しいワケです。その結果、PUはバラバラの傾向になるし、アッセンブリも相当複雑になります。
次回はそのアッセンブリ編(^o^)/

追 記
上記「またの機会」ってのが実現してます。
下↓のタイトルを、右→のずら〜っと並んだ目次から探して、クリックして進んでください。新しいウィンドは開かず、このウィンドのままジャンプします。

[Pick Upレポ編]
★レースセンサー
★Fender/デフォルト系
★Fender/カスタム系
★Duncan他
★Vanzandt vs SSL-1他

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Stratocaster改造計画 Final(Tentative)
 午前中、あぽろんからパーツが届いたので、昼食をはさんで作業。様子を見るためにも、とりあえず1度仕上げる。結局、リア・ピックアップはスイッチ付ポットのスイッチ部分だけ使... ...続きを見る
ほんだら日記
2008/11/09 14:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
つん太さま
POTはコラムを待てとの事でコチラに飛びました。まるで、飢えたオオカミのようですね!笑
現状、私のSTはFからSSL−1、ヴァンザント ブルース、SSL−1です。以前、Texas spなども試しましたが、しっくりこなくなりSSLへもどした経緯があります。
以前、『参考音源クランチ』での枯れ感への質問で、ローパワーのPUが必要、と回答をいただきましたが、
バイト感とPUの関係は、どのようにお考えでしょうか?
コラム追加でお忙しいとは思いますが(笑)お時間のある時にでも、ご意見をよろしくお願いします。

2008/10/24 18:59
コレまた予告通りの飛びですね。
テキスペNGでSSL-1に戻るってトコも同じ(^_^;)
あくまで私の個人的な感覚でのバイト感は、参考音源#1/Distの34秒、#5/Soloの冒頭から4音目のLongTone、それと21秒などなど…のニュアンスの音です。そういう前提にてのお話ネ。PUはLow Powerじゃないとあの感じは出にくいと思います。理由は
*コイルの巻き数が少ないので周波数レンジが広い。
*ダイナミックレンジが広いので、pickingでAmpの歪みや音色のレスポンス領域を広く使える。

特に出力の弱いプレーン弦でよくわかります。強いPickingの時にのみ『その領域』にハマるんです。弾いてて解りますよ「来たあぁ〜!」ってね。Play中に「食いつく瞬間」がないと「来た」って思えないんですよね。どう弾いてもその音じゃ「食いつく」というか「噛まれっぱなし」(笑)。バイト感の捉え方って、人によって大きく異なるコトバだと思いますね。
コレまた説明してて発見しましたが、私にとってバイト感って音色も大事だけどplayのニュアンスのひとつなんだな(^o^)/
つん太
2008/10/24 20:28
つん太さま
ありがとうございます。昨晩は携帯からでしたので、今、改めて音源を確認しました。少しは意味が解りましたが、私程度のplayレベルではコメントの全ての意味を理解できませんし、狙って操ることはできません。
もっと練習しまっす!
言葉だけの議論は色々な所で見かけますが、このように音源を提示していただいて、尚且つ、その中の1音まで説明していただけるとは…
本当に感謝しております。ありがとうございます。

『Vanzandt vs SSL』を拝見しますと、私のSTはVanzandtへの変更も、POT交換と合わせて検討しようと思います。


x
2008/10/25 11:20
ありゃ、解りにくかったですね(^ ^ゞ
一部訂正
誤)→「食いつく」というか「噛まれっぱなし」
正)→「食いつく」というのではなくて「噛まれっぱなし」
ですね。日本語的に解りにくいとこがありましたらスマンです。
つん太
2008/10/27 00:59
xさま
『狙って操る』などと書かれると何かエラソーに見えますが、そんな大したことを言ってるつもりはないです。たぶんみんな、普通に感覚でやってる事だと思いますよ。

PU交換、もちろん決断はご本人の意思のみによりますが、以下は私の超個人的意見です。
まさに『Vanzandt vs SSL』に書きましたが、ハッキリ言って同傾向だし微差ですよ。PotやCapの数値を変える方がよっぽど出音が変わります。すでにお持ちなら止めませんが、もし「新規購入」ならば回路変更を終了させてからでも良いかと思います。単なる老婆心にて失礼。
つん太
2008/10/27 01:12
つん太さま
私がセッカチなため、ご心配をおかけします。
追加コラムの投稿を待って参考にして、回路変更をしてからにする予定です。忠告ありがとうございます。
『噛まれっぱなし』たしかにシャッフルの時はザックザックで良かったのですが、シャッフル以外では、不要にアクセントがつきすぎてフレーズがコマギレになってしまうと感じました。私が操れていないためかと思いますが…

2008/10/27 09:56

ツン太さん、はじめまして。
ストラトのピックアップを載せ換えようと思って調べていて、このブログにたどり着きました。よろしくお願いいたします。

一通り記事を読ませていただきましたところ、求めている音の志向がツン太さんと良く似ておりますので、ツン太さんのセットをそのまま採用させてください。
 フロント[F]■Duncan SSL-1
 センター[C]■Fender レースGold
 リ  ア[R]■Duncan Little'59
Pickingのジャマにならないように、[C]はレースという部分にも大きくうなずいてしまいました。

それで、1件質問させていただきたいのですが、レースGoldから出ている緑のリード線はどうされていますか?
バックプレートに接続されているようですので、白とまとめてアース落とす事でよろしいのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教示いただければ幸いです。
ちゃかぼー
2008/11/05 17:03
ちゃかぼーさま。はじめまして(^o^)/
「好み」だけは理屈じゃないですからね。たまたま趣向が似てるなんてご縁ですね。当サイトをとことんご利用ください。
ご質問の件。レースの緑と白は一緒にアースでOKです。その場合、残りのオレンジがSW=hotですね。
ただし、もしそのPU達が新品なら、ワイヤーCutは慎重にしてください。ヘタに切ると後々とてもややこしくなります。SSLとGoldはフロントから、Little59はリアから、Hot,Coldどちらも余裕を持ってSWに届くよう同じ長さにしておくのが賢明。
それからDuncanが入ると位相合わせはヤヤコシイので注意してください。ちゃかぼーさんの場合それぞれのHotは、SSL-1=白、Gold=オレンジ、59はややこしいけど黒緑がTapならhot=赤、赤白がTapならhot=黒だと思います。違ってたらごめんよ〜。くれぐれも自己責任でね。そのためにもワイヤーはhot,cold同じ長さにね。将来、組合わせによってはひっくり返す必要があるかもですからね。
これからもコメントよろしく〜(^o^)/
つん太
2008/11/06 01:19
つん太さん
早速ご回答いただき、ありがとうございます。

ワイヤーCutのアドバイス、ありがとうございます。私も、所有しているギターは、ほとんど電気系に手を加えておりますが、いつもワイヤーをギリギリにしてしまい、後悔しています。「hot,cold同じ長さに」というのも、なるほどと思いました。

ところで、お願いなのですが、「Guitar Ampレポ編」で是非Roland JC-120を取り上げていただけませんか? 私自身、嫌いなアンプなのですが、これだけ日本中に広まっている現状を考えると、自分のアンプを持ち歩く事が出来ないアマチュアが活動していく上で、使いこなせなければならないアンプだと思います。そういった面で、つん太さんの使いこなし必殺技なども含めて、ご紹介いただければありがたいです。

今後とも、よろしくお願いいたします。
ちゃかぼー
2008/11/06 13:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
改造ストラトキャスター #5 ピックアップ編 小林つん太のギター&音楽談義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる